EDの原因

メンタルヘルス

EDに悩んでおられる方は意外に多いです。基本的には年齢が上がるにつれてEDになる確率は上がりますが、必ずしも年齢の生徒は限りません。20代でEDになる方もいますし、その原因も様々です。今回はそんなEDの原因を3つ紹介したいと思います。

1、心理的な問題がある

心理的な原因は現実心因と深層心因に分けることができます。現実心因とは短期的なストレスやプレッシャーのことで、パートナーからの重圧やその他のちょっとした不安も含まれます。現実心因はある程度本人による自覚があるので気づきやすいです。ED治療薬でサポートすることもできますし、カウンセラーによって治療することもあるようです。深層心因は長期的で根深い問題を抱えているため治すのが非常に難しいです。幼少期のトラウマなどがこれに当たります。

2、血管や神経に問題がある

年齢が上がるにつれて、血管や神経の能力は落ちていきます。それに伴いEDになってしまう事はもはや避けられません。しかし、80歳を超えてもEDが治療できたと言う事もありますので、まずはなにか行動を取ってみることをお勧めします。加齢によるものだけではなく、生活習慣病によるEDも多く報告されています。糖尿病の患者の8割はEDを併発していると言う調査もあるくらいで、生活そのものの改善が求められる場合があります。

3、薬に問題がある

一般的に使われているおくすりのなかでも、EDの要因となっている者が多く存在しています。抗不安薬や睡眠薬などは性欲を低下させるものがありますし、抗精神病薬や抗うつ薬などは勃起障害を起こさせるものがあります。このように、服用している薬によってEDが引き起こされていると言うケースがあります。

他にも、EDの原因にあるものはあります。自分がどうしてEDになったのかによって、治療のアプローチの仕方が変わってきますから、原因を突き止めると言う部分が、非常に重要になってきます。