インド産薬の安全性

インド

スパータダライズを開発したのはSunrise Remediesという会社です。インドの北西部にあるアフマダーバードというインド8大都市のうちの一つにその会社はあります。スーパータダライズの名前も、成分のタダラフィルと社名のサンライズをくっつけてタダライズにしているかもしれません。真実は本人達しか分かりませんが。

Sunrise Remediesは1995年に設立された会社なのですが、勃起不全、早漏、ヘアオイルなどをグローバル向けに開発、製造しており、抗生物質、栄養剤、アユールベーダ商品などのラインナップも扱っています。

この会社の特徴としてWHO-GMPと言うものがあります。GMPとはGood Manufacturing Practiceの略称で「医薬品および医薬部外品の製造管理および品質管理の基準」を意味しています。この会社はOTC(一般用医薬品)という医者の処方箋を必要としない医薬品に力を入れており、その製品管理、品質管理をWHOの定めた基準で行っています。多くの商品のターゲット市場をグローバルに設定しているという理由から、WHOのGMPを採用していると考えられます。

このGMPの主な役割が、?人のミスを最小限にする?医薬品の汚染・不良を防ぐ?高い品質をキープする、であると言われているので、Sunrise Remedies社が品質や安心といった部分に力を入れていることが分かります。

また、この会社はEthnical Marketing(倫理的なマーケティング)に力を入れています。Ethnical Marketingは一般的な倫理観を守る、公正な値段で取引する、コンプライアンス、倫理的な広告などの項目を意識した行動のことであり、こちらもグローバルを意識して、インドにおける品質・モラルのイメージなどを考慮し行われているものだと考えられます。

ED治療薬はインドで開発、製造されているものがとても多く存在していますが、それとは裏腹に、インド品質・モラルにたいしてのイメージはあまりよくありません。Sunrise Remedies社では、紹介したようにグローバルな基準でスーパータダライズを作っているので安心して服用ができるようになっているのではないでしょうか。